「とめシニア・アカデミー」修了式


ついに「2017年度とめシニア・アカデミー」も修了式を迎えました。今回は、拠点である「コンパスとめ」で開催することができました。

少子高齢化社会と100年ライフに臨み、年齢をなお重ねても心身共に健康で過ごせるように、そんな思い込め開催実施された『登米シニアセンター構築事業』は、WAM(福祉医療財団)のH29年度補助事業として、昨年4月より発足しました。その一環である「とめシニア・アカデミー」は、シニアの人材育成を目的に、9月より開講し、以来3月まで、市民活動・NPO講座、デザイン講座、会計講座、コーヒーマスター、ITC活用、バルーン体操トレーナー養成各講座、認知症予防、脳トレ、ソバ打ち、おもてなし料理各講座、県内のNPO法人としての活動先進事例3団体への視察研修、多くの方々に関わっていただき、内容の濃い講座を実施する事が出来ました。

 

修了式には、当法人の及川代表より受講生への修了証書が交付され、労いの言葉とともに、「今後は、本講座で得た知識や経験を活かして、ご自身を含め地域の仲間を取り巻き、いつまでも元気で地域の活性化に貢献して戴く事をご期待申し上げます」という期待の言葉が贈られました。

今年度のシニア・アカデミーでは、楽しみながら多くのことを学ぶことができました。知識を得る楽しみはもちろんですが、一つの場に集う楽しみも経験することができました。今まで思いはありながらも一歩を踏み出せなかった人が、他の団体の活動に参加するという形で地域のボランティア活動に参加するようになりました。

そして、ここ「コンパスとめ」は、まだまだ続きます。

シニア・アカデミー受講者はもちろんのこと、みんなに愛され、今後の新しい社会に向き合う地域活動の拠点となるよう頑張りたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

特定非営利活動法人 とめ市民活動フォーラム スタッフ一同