「とめシニア・アカデミー」おもてなし料理⑥


本日、「おもてなし料理講座/全6回」の最後となる第6回目の講座が無事終了しました。今日は「サンクチュアリますぶち」の早坂幸野華さんに「ボルシチ」と「ピロシキ」という、最終日にふさわしい豪華メニューを教わりました。

 

本日のメニューは、耳慣れない「ボルシチ」と「ピロシキ」という名前の料理でしたが、これは、ロシアで食べられるお料理だそうです。ですが、とっても簡単で、見た目も豪華にできました。

  

ボルシチの中身には、皆さん初めて目にする野菜のビーツや、芽キャベツなどが入って、初めて目にする真新しい食材に参加者の皆さん、興味津々。でも、野菜は家にある身近な人参やジャガイモなど、お好みの野菜を入れても大丈夫なんだそうです。

 

また、ピロシキは、本来油で揚げて作るパンなのだそうですが、今回は油を使わずにヘルシーに、オーブンで焼いて仕上げました。ピロシキは、パン生地もみんなで手作り。おもてなしにふさわしい見た目と味の料理に皆さん、胃袋も、心も満たされ、大満足でした。

  

食べ物を囲むと、自然と皆さん、笑顔になって、会話も弾みます。これからも、皆さんの活動にこれまで学んだ「おもてなし料理」を加えてもらい、一人でも多くの方に、この料理を通じて皆さんから、市民活動の輪がひろがっていくと良いですね。